小3息子の本格的不登校と児童精神科通院の始まり

前回の投稿からずいぶん日数が経ってしまいました。

息子の不登校が始まり、不安症の息子がずっと私のそばにいて離れてくれないので、パソコンの前でじっくりとブログに向き合う時間がとれませんでした。

久しぶりに、今までの状況や心境について、そして現在の心境について綴ってみたいと思います。なお、息子の共感力(後編)については、投稿が遅れますことをお許しください。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

不登校が始まった原因

不安症と偏頭痛

去年の4月、三年生に進級した途端に息子は学校に行くことを強く拒み始めました。

毎朝、「頭痛、頭痛…」の繰り返しで、まともに通えなくなりました。

ただ、原因は頭痛だけではなく、頭痛が治まった日でも息子は登校できませんでした。そんな息子に

「学校の何が辛いの?何が嫌なの?」と聞くと

「自分でもよくわからない」
「先生が注意するのが怖い。休み時間が怖い。みんなが騒ぐから先生が怒るんじゃないかと思うと怖くなる。」
「友達に話しかけられるのが怖い。なんて答えていいか分からない。」

といった説明でした。

それにしても、二年生のときも、一年生のときも、何かのきっかけで一、二週間登校できないことはありましたが、こんなにベッタリと登校できなくなったことはなかったので、毎朝、息子の考え方や受け取り方を工夫するように説得する日々が続きました。

息子が通う小学校は毎年クラス替えがあります。4月は緊張するはずですが、2年生に進級したときは何の問題もなく楽しく通学できていました。

ところが、3年に進級した昨年4月は、始業式の翌日から登校しぶりが始まり、その1週間後から頭痛が始まりました。心因性の偏頭痛と思われて、カロナールや小児用バファリンなど、いずれの鎮痛剤も効きませんでした。

頭痛や登校しぶりの原因は、本人の答えから察すると次の4点です。

  • 大の仲良しのお友達とクラスが別れて、無意識下で不安が高まった。
  • 息子なりに成長したことで、他人を強く意識するようになり、集団生活の中で緊張感や強い疲れを感じるようになった。
  • 完璧主義やこだわりなどの特性から、些細なことで過剰な劣等感を抱くようになった。
  • 聴覚過敏の特性と、以前からの強い不安症とによって、先生の何気ない叱責や注意喚起の声でも「先生に誰かが怒られる!」という予期不安や恐怖を膨らませてしまった。

親に登校を説得されてストレス増大

登校しない息子に特に父親は厳しく接しました。「不登校は怠け者のすること」との考えが染み込んでいる父親は、帰宅すると不機嫌で不穏な空気が漂うため、息子は父親の帰宅を怯えるようになりました。

それを見た私は、父親(主人)をたびたび説得してきましたが、昭和人間の骨の髄まで染み込んだ信念はなかなか消えません。それならば、「息子が父親に叱られないように息子を変えるしかない」という考えに取り憑かれた私は、息子に必死に登校を説得するようになり、毎朝、激しい口論を長時間繰り広げ、息子をどんどん追い詰めてしまいました。

「どうしよう。学校に行かないとお父さんに叱られる!でも、学校に行けない!どうしよう、どうしよう!!」

息子はパニック状態になって泣き叫び、ときには

「パパもママも敵だ!」

と絶叫して壁を蹴りまくり、リビングの物を投げ散らかし、部屋に鍵をかけてとじこもってしまうことも…

最悪でした。

こんな日々が二学期終わりまで続きました。つまり、家で元気に過ごした夏休み期間を除き、4月から12月まで、息子は様々な緊張感や不安や激しい苛立ちを抱えながら、体調不良も合わさって、家にいても非常に苦しい時間をすごし続けたわけです。

そして、その間、もともと過敏で過活動気味と思われた息子の扁桃体をますます興奮させてしまったのです。あれだけ気にかけていたのに・・・。

しかも、土日以外、頭痛を訴える息子は、週5日間を家で寝込んで過ごすようになり、生活の質はかなり落ち込んでいました。運動も勉強もまともにできず、ひたすら「頭が痛いよ。ママ助けて」と訴えてくる息子。効く薬はなく、病院でも原因不明。自律神経に効果のあるツボ押ししか思いつかない私は、心身ともに弱っていく息子にマッサージをしながら暗澹としていました。

頭痛が軽めのときは、何とか学校との繋がりを持たせようと、1日に一時間か二時間ほどの保健室登校をさせた時期もありましたが、本人が次第に保健室に行くことも渋るようになりました。

冬休みに入ると、夏休み同様、頭痛もなく至って元気に過ごしましたが、3学期初日、早速「頭が痛い・・・学校に行けない」と言い出したので、夫婦で話し合い、息子を4月の進級まで完全に休ませることにしました。

こうして、本格的な不登校生活が始まりました。

児童精神科への通院と薬の始まり

向精神薬を服用させる覚悟

最近の児童精神科は、残念ながら、問い合わせから初診まで半年以上はかかります。

息子の場合、3年生に進級してすぐに長期にわたる登校しぶりが始まったので、昨年5月末に病院に問い合わせました。そして、初めて診てもらえたのは12月の冬休み前。

通院の目的は、不登校生活の是非に関するアドバイスを受けること。それから、薬の処方でした。

子供に向精神薬を服用させることについては、その危険性がNHK番組等でも取り上げられ、親として極力避けたいところでした。

ですから、かなり迷うところでしたが、息子の不安の強さ、興奮や癇癪、日に日に増す情緒不安定さ、そして登校しないことによる社会性の発達の遅れに対する親の懸念など、様々な現実につきあたり、ついには「薬を上手に取り入れながら息子の生活の質を向上させる可能性に賭けてみよう」という気持ちになっていきました。

前頭葉トレーニングだけでは手に負えなくなったわけです。それだけ、息子の扁桃体の過活動は手強いものだったともいえます。この点、私が従来より抱いていた悪い方の予感が当たってしまいました。

3歳までの扁桃体の成長には細心の注意を払うべき・・・本当に悔やんでも悔やみきれません。

エビリファイと漢方薬の開始

エビリファイは、ドーパミンの分泌量が過剰なときは抑制的に、少ないときは刺激する方向に作用し、つまりドーパミン分泌量を適量に調整する働きをする薬で、副作用や依存性の心配に小さく安全性の高い薬と言われています。

息子の場合、「自閉傾向が高く、必ずしもグレーゾーンとは言えない」というドクターの診断を受け、主に興奮や癇癪(衝動)を抑えるために、朝晩1mgずつ、一日2mgからのスタートとなりました。

エビリファイは、飲み始めて、早い人では2,3日で効果が出てくるそうですが、数週間かかる人もいるらしく、その子その子に合う量を探りながら少しずつ増量していくので、効果が出る適量に行き着くまでに数ヶ月かかる場合もあると思われます。

息子の場合、飲み始めて3ヶ月経った時点では、不安面でも癇癪の面でもはっきりした効果が見られなかったので、1mg増量され、現在は一日3mgを服用しています。増量してから2週間ほど経った現在、落ち着いて考える力に少し改善の雰囲気が見られますが、まだ興奮や癇癪の傾向が残っているので、近いうちに4mgに増量されるかもしれません。

漢方薬は、桂枝加竜骨牡蛎湯(ケイシカリュウコツボレイトウ)を朝晩2.5gずつ、一日5gを服用することになりました。この漢方は、過去の悪い記憶を薄れさせる効果があるということで、不安の軽減を期待して処方されました。

この漢方の効果は、息子の場合、まだそれほどはっきりとは出てきておらず、登校はもちろん、少人数(10程度)のデイサービスへの参加も強く渋ります。

薬はあくまでも補助的なもの

薬を服用し始めたときは、ついつい過剰な期待をしてしまいますが、「あくまでも補助的なものだ」と自分に言い聞かせるようにしています。

やはり、自戒の念を込めて忘れてはいけないのは、私や主人の接し方次第で子供の態度が大きく変わる点です。

薬の力を借りて、少しでも息子の不安やストレスが軽減されて癇癪が少なくなれば、親も穏やかに接しやすくなり、それが子供を落ち着かせ、好循環が生まれます。

子供を楽にするためであると同時に、親を楽にするためでもあり、楽になった親は穏やかさを子供に還元して、子供の脳内でセロトニンがたくさん分泌されるようにしてあげたいですよね。

不登校でもいい、と考える覚悟

息子の現在の様子を見ていると、不登校生活は四年生になっても続きそうな予感です。

というか、長期戦になりそうです。

知能は低くないが、人が誰かを注意したり叱っている様子を見るのが非常に怖い」という息子の特性を考えると、普通学級も特別支援学級も難しく、精神科の先生からも

今の教育制度において行き場のない子供

と言われました。

そうであれば、学校という集団生活に戻そうとする考えを改め、「不登校でもいい」という覚悟を持つことを親は遂に突きつけられたと感じます。

我が家では、この点でまだ、夫婦の足並みが揃っておらず、今後幾つもの壁を乗り越える必要がありそうですが、

学校に頼らずに、

どうやって息子の知性と社会性を伸ばしていくか、

どうやって生きる力を育てていくか・・

現在、できることを実践中ですが、模索中でもあります。これらについては、今後少しずつ投稿していく予定です。

また、不登校になって自宅にいる時間が増えたので、前頭葉トレーニング生活も継続中です。これについても、随時投稿していく予定です!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする